a
昔ながらの常圧式蒸留機で蒸留した”どっしり”とした味わいの麦焼酎です。


焼酎を造る上で最後には必ず蒸留をする必要がありますが、その方法には2種類あります。1つは、昔ながらの常圧蒸留、
もう1つは最近主流となってきた、減圧蒸留という方法です。
違いは蒸留機の中の気圧の違いになります。常圧とは外気と同じ大気圧で蒸留しますので90度から100度の高温で蒸留されます。
対して減圧の方は蒸留機の中を真空にした状態で行う為、40度から50度のとても低い温度で蒸留されます。


味わい深く、芳ばしいのが
常圧蒸留の特徴

最近では女性でも飲みやすい減圧蒸留の焼酎が多く

なりましたが、今でも焼酎が好きな方や通の方に

は人気が残っている常圧蒸留の焼酎。

これは高温で蒸留するので、焦げ臭や雑味のもととなる

フーゼル油やエステル類などの微量成分も同時に

抽出され、濃厚で深みや奥行きのある味を

引き出すことになります。





   厳選した原料と
  厳格な仕込み


国産(主に長崎県)の二条大麦を原料として

木製の甑(麦や米を蒸す為の大きなセイロ)と

昔ながらの箱麹法で仕込んだ、杜氏こだわりの

麦焼酎です。

飲み方は香りをさらに引き立てる為、

お湯割りがお勧めですが、もちろん、水割りや

ロックでも楽しめます。

澱が出る場合がございますが、焼酎の旨味
 成分です。軽く振っていただけば消えます。


商品名:常圧蒸留 麦焼酎 
     「常圧ぎんた」
原材料:麦・米麹

容 量 :900ml

アルコール度数:25度

価格:1,296円
(税込)